9月末にClipStudioがアップデートされて、ClipStudioでもIllustrator用のベジェ線で描きだせるようになりました。

ベジェ線というのはこういうもので

線一つ一つが編集のできるものになっています。

納品時に「aiデータで」というものもあり、それはこのベジェ線で描くデータのことでもあります。

 

ClipStudioのアップデートによってベジェ線データの作りやすさが格段に上がり、また私はメインで使用している道具はiPadなのですが、iPadでもIllustratorが出たので、よりベジェ線データが作りやすくなりました。

これからはそのようなイラストも積極的に作ろうと思います。